CONTAINER WORKS

おしゃれなコンテナハウスとは?おしゃれにするためのポイントと特徴、事例を紹介!

おしゃれなコンテナハウスを作るために、ISO海上輸送用コンテナとの違いを知ろう

海上用コンテナとの違いは他の記事でも紹介していますが、ISO規格の海上用コンテナでは日本の確認申請の取得が出来ないため、弊社ではJIS規格の鋼材を使用して建築基準法に遵守したコンテナを製作しています。

建築用コンテナ 工場

建築用コンテナとは?建築基準法に則った建築用コンテナはISO海洋輸送コンテナとは別物だった

2017.06.12

ISO海上輸送用コンテナと違い、建築用コンテナはラーメン構造(柱構造)設計のため、壁は自由に開口できることで、玄関扉や大型の窓を付けることができます。

こうした建築用コンテナの自由度がおしゃれなコンテナハウスを作るために大切なことです。

建築用コンテナだからこそできる開放部の多い一面窓

 

ISO海上輸送用コンテナは荷物の輸送用に作られている箱なので、壁などを開口してしまうと強度が弱くなる可能性があります。

上記写真で紹介している40フィート建築用コンテナを見てみると、建築用コンテナを使用しているからこそ、大きな開口部を設け、窓を設置していても強度に問題はありません。

40フィートコンテナの両端、それぞれ壁面のほどんどがガラス窓になっています。

こうした開放感がおしゃれなコンテナハウスへと繋がっていきます。

特別な柱を使うことでより建築らしいコンテナハウスになります

弊社のコンテナは、他のコンテナとは違い、見た目を本格的、かつ、おしゃれに見せるために柱鋼材はL型の構造材を使用しています。

上記写真で紹介しているCONTAINER WORKS IN YAMANAKAKOで見てみますと、写真の拡大部分の「柱」の形状です。

こうした些細なことがよりコンテナハウスらしい無骨なデザインと、おしゃれさを引き立たせています。

基礎のアンカーボルトの締めやすさも考えての設計ですが、ここにシートを張ってもカッコ良くおしゃれです。

本当に真四角のコンテナを使うよりも、この窪んだ柱を使うことでよりコンテナらしく、より無骨な見た目に仕上がるようにしています。

弊社コンテナハウスの特徴を活かしたおしゃれな設計事例

コンテナと開放感を手軽に実現

コンテナとコンテナをただ組み合わせるだけでなく、コンテナとコンテナの間を大梁で繋いだりすることも可能なので様々な敷地サイズに対応することが可能です。

コンテナは、20フィート、40フィートでサイズが決まっており、上手く敷地いっぱいまで建てることが困難でしたが弊社では今までの経験、研究により、対応可能なケースも増えて参りました。

例えば上記で紹介しているコンテナハウスでは、向かって左端と右端のコンテナそれぞれを梁で繋ぎ、真ん中の部分はコンテナの壁、木材の壁の組み合わせになっています。

20フィートコンテナを上下半分に分けた2台をロフト使い

運搬は20フィート1台分になり費用を抑える設計が可能になります。

コンテナは20フォート、もしくは40フィートでなければコンテナの輸送システムを使うことができずに、運賃が非常に高額になってしまいます。

そこを逆手にとり、上記で紹介しているコンテナハウスでは、上下で半分にしたコンテナをロフトに使用しています。

この上下で半分にしたコンテナは輸送時には重ねられて20フィート1本として運ばれます。

1階や2階だけじゃない、1.5階の良さは実は室内にあります。1.5階のおかげで屋根が高く、とても開放的で、ロフトへの階段もあり、デザイン性の高いおしゃれな内装が想像できませんか?

積雪を考えた斜め屋根コンテナ

こちらも20フィートを上下半分に斜めに分けたコンテナを使用して設計しているので運搬費用を抑えることが可能です。

こちらも先ほどのコンテナと同じ方法ですが、積雪を考えて1本のコンテナを斜めにカットし、それをふたつにわけて使う手法です。

屋根を斜めにするということは、ただ屋根を斜めにするのではなく、こうしたデザイン性、手法を用いて実現することができます。

おしゃれなコンテナハウスにするためのヒント

コンテナハウスというと漠然とコンテナを使用した建物というイメージがあるかもしれません。

しかし上記で紹介したようなコンテナ以外の、例えば採光や配置、カラーリング、木造とのハイブリッドや、柱の設計、開放感などを上手く設計することでおしゃれなコンテナハウスが実現可能になります。

「部屋の中にコンテナの壁がある」

下の写真のオレンジ枠部分は部屋の内壁にコンテナ壁を使用しています。

外からの見た目に意識が持って行かれがちですが、こうした当たり前のようで気付きにくい些細なことがコンテナハウスをよりデザイン性の高いものにしています。

監修 コンテナワークス 宮川

長年建築関係に勤務していた経験を生かし、コンテナワークスで建築全般に関するご相談とお客様担当をしています。建築だけでなく、内装設計やデザイン、断熱の施工方法など住まいに関わる部分も得意としています。
Special

Contact
あなたの希望をヒアリングいたします。
コンテナワークスへお気軽にお問い合わせください。

Staff